×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タイピング練習 小林一茶

小林一茶の俳句を打ち込むキーボード練習アプリです。

(1) 半角入力モードに設定して、[次へ]ボタンをクリックします。
(2) 「空白キー」を押すと開始します。
(3) 表示される文章をタッチタイピングで入力してください。

 ※ 「 ん 」の入力は「 NN 」と Nキー を 2回 押してください。


小林一茶(こばやし いっさ)

江戸時代を代表する俳人。
長野県の農家に生まれるが,3歳で母と死別,15歳で江戸に奉公に出され,
25歳の頃から俳諧を学んだ。
日常生活を,人間味あふれる句に詠んだ。
作品は,句日記「七番日記」「八番日記」,句文集「おらが春」など。


このページの表示には Flash Player アドオンが必要です。